東京新宿の離婚に強い女性弁護士・法律事務所

  • メールでご相談24時間受付 
  • 03-6410-6350受付:平日 9:00 -  19:00

お気軽にご相談ください初回相談30分無料

離婚コラム一覧

認知について

男女が結婚していない状態で、子どもが生まれた場合、父子関係について、認知が問題となります。 認知によって、父子・・・

詳しく見る

弁護士の選び方

1.弁護士の探し方 普段から弁護士に相談をしているという方は少ないと思います。 いざ、困ったことが起こったとき・・・

詳しく見る

私立と婚姻費用・養育費

子どもが私立に通っている場合、婚姻費用や養育費はどうなるのかという相談は多くあります。   1.算定・・・

詳しく見る

調停を申し立てられたら

「配偶者と別居しているが、離婚の話合いが進まない中で、突然、裁判所から、調停期日の呼出し状が届いた。日にちも勝・・・

詳しく見る

悪意の遺棄

1.悪意の遺棄とは 裁判上の離婚原因として、「悪意の遺棄」(民法770条1項2号)があります。 「悪意の遺棄」・・・

詳しく見る

強度の精神病

1.民法770条1項4号と同条2項の関係 民法770条1項4号に、法定離婚理由として「配偶者が強度の精神病にか・・・

詳しく見る

内縁の不当破棄

1.内縁とは 内縁とは、婚姻届けは出していないが、二人の間に夫婦同様の共同生活を営む合意があり、その合意に基づ・・・

詳しく見る

面会交流の間接強制

監護親が非監護親と子どもとの面会交流を決められたとおりに実施しようとしない場合、その後の手段として、間接強制が・・・

詳しく見る

面会交流ができない

1.面会交流とは 別居や離婚により、両親が一緒に住んでいない場合、子と一緒に住んでいない方の親(非監護親)が子・・・

詳しく見る

配偶者が家を出て行ったきり行方不明なので離婚したい

離婚するには、いきなり、訴訟を提起するのではなく、調停で話合いをする必要があります(調停前置主義)。 しかし、・・・

詳しく見る

再婚したら養育費はどうなるの?

離婚が成立し、親権者も養育費も決めたけれども、将来、再婚したら、養育費はどうなるのだろうか。   1・・・

詳しく見る

子の親権を取り戻したい

「離婚をするときには、子どものためと思い、相手方を親権者とすることに合意したが、その後、子どもの養育監護状態に・・・

詳しく見る

ドメスティック・バイオレンス

1.ドメスティック・バイオレンスとは ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者や恋人など、親密な関係に・・・

詳しく見る

有責配偶者からの離婚請求は認められにくいが、認められないわけではない

1.有責配偶者からの離婚請求 有責配偶者とは、例えば、不貞行為をした配偶者など、婚姻関係を破たんさせる責任があ・・・

詳しく見る

不倫相手に対して、離婚に伴う慰謝料請求が認められない?

  • 不倫・浮気

1.最高裁の判断(平成31年2月19日) 夫婦の一方が不貞行為をしたことがきっかけとなり、夫婦関係が悪化し、離・・・

詳しく見る

「性格の不一致」が原因で離婚したい

  • 離婚全般

1.「性格の不一致」が原因で離婚を考える人は多い     離婚を考える場合、もちろん不貞や・・・

詳しく見る
東京新宿の離婚に強い女性弁護士・法律事務所弁護士 佐田理恵アストレア法律事務所 第二東京弁護士会所属