東京新宿の離婚に強い女性弁護士・法律事務所

  • メールでご相談24時間受付 
  • 03-6410-6350受付:平日 9:00 -  19:00

お気軽にご相談ください初回相談30分無料

養育費

1.養育費とは

養育費とは、子どもが自立できるまでに必要な費用のことをいい、衣食住のための費用、医療費、教育費などをいいます。

養育費が支払われるのは、一般的には子どもが成人となるときまでとすることが多いですが、自立するまでですので、大学を卒業するまでとする場合もありますし、高校卒業後社会人となって自立した生活を送っている場合には、高校卒業までの場合もあります。

どの程度支払う必要があるのかは、養育費を支払う側の経済力などによります。

 

2.養育費の額はどうやって決めればよいのか

二人の話し合いにより決まればよいですが、相手の提示した額が安すぎて納得できない、あるいは要求された額が不当に高すぎるのではないかなど、話し合いがつかない場合も少なくありません。

どの程度の養育費が妥当なのかは、難しい問題ですが、当事者の経済力に応じて、基準を示した算定表が、裁判所では利用されています。

この算定表は、どなたでも見ることができますので、ある程度参考にしていただくことが可能です。

ただし、それぞれの家庭には個別事情がありますので、算定表のとおりでは妥当ではない場合もあります。例えば、算定表は、子どもが公立学校に通っていることを前提にされていますので、私立学校に通っている場合には、より多くかかっている支出分を別途考慮して計算することもあります。

 

3.養育費の額が話し合いで決まらないときは?

話し合いで決まらない場合には、調停を申し立てましょう。

もちろん、養育費の額が決まらなくても、親権者さえ決まっていれば離婚はできますが、養育費を請求する必要がある場合には、その額は離婚時に決めておいたほうが望ましいです。

初回相談30分無料/平日19:00まで、土曜相談可能

ちょっとした質問やご相談だけでもお気軽に03-6410-6350

メールでのお問い合わせはこちら

東京新宿の離婚に強い女性弁護士・法律事務所弁護士 佐田理恵アストレア法律事務所 第二東京弁護士会所属